CHECK

災害になって困らないリノベーション!リノベーションなら忘れてはいけない耐震対策まとめ

このサイトでは、災害が発生しても困らないように耐震対策のために行うリノベーションについて解説しており、対応できる対策に関しても具体的に述べています。地震の発生頻度が高い国だからこそ、日ごろの備えが重要です。他にも断熱効果を高める方法があり、使用される断熱グッズも解説していますので、これから家の修復を行うことを考えている時にはこれらの情報にしっかりと目を通して、取り入れられるものはないかをチェックしましょう。

災害になって困らないリノベーション!リノベーションなら忘れてはいけない耐震対策まとめ

リノベーションで災害対策を行う場合、耐震性を高めるのが非常に有効です。実際に耐震補強工事を行う場合、木造住宅の戸建てでは基礎部分がもっとも大事です。
基礎にヒビが入っていたらモルタル等で修復し、鉄筋の入っていない無筋コンクリートではアンカーボルトを打ち込みます。
土台のリノベーションも重要であり、古くなると腐食したりシロアリに食われてしまうことも多いので、交換したりシロアリ駆除等を行います。壁に対してリノベーションを行う場合には、内側の柱と柱の間に斜めに交差した筋交いという部分に対し、柱や梁と接合する部分に金属で固定するのが効果的です。
また、耐震壁と呼ばれる建物を支える役割を果たす壁をバランス良く配置する方法もあります。

リノベーションと断熱性の違いを理解しておきたい

リノベーションと断熱性は基本的に全く異なります。リノベーションをした時断熱性を評価するようなことがあるかもしれませんが、それはリノベーションの条件とはなっていません。
一般的に言われているリノベーションとは、建物の価値を元通り以上にしようとする改築ということを意味しています。
例えば住宅の1部を改築する場合、もともとの形に戻す事はリフォームと呼ばれるものですが、そうではなく価値を今まで以上に引き上げることを意味しています。
価値を上げるとは、素材を変えるかデザインを全く新しいものにして魅力的にすることです。普通の間取りの住宅が、リノベーションをしたことによりかなりの人気の住宅になるようなケースも少なくありません。
ただいずれの場合も、ある程度お金をかけなければいけない事と言われています。デザインに関して言えば、有名なデザイナーを雇うなどの手順が必要であり、この時に大きなお金がかかるケースが考えられるわけです。
一方で、素材を良くする場合はやはり素材を購入する時お金がかかるため、通常よりも出費が大きくなる可能性があります。
断熱性を高めることもその一つですが、これを高めたからといって大きな違いが生じるわけではありません。

リノベーション工事の耐用年数はどうなるの?

建物には耐用年数があるのは一般的に知られています。例えば木造住宅ならば22年、重量鉄骨ならば34年などが有名です。リノベーション工事を施した場合にも、耐用年数が設けられているのです。例えば、なにかの事業で利用される木造の建物であれば、24年という年数で決められています。住宅用または店舗などで利用される木造住宅であれば、22年が耐用の年数になるのです。
リノベーション工事によって建物だけではなく、その建物の付属品にも年数が決められています。建物の付属設備ではトイレが15年、照明も同じく15年でエアコンは6年などとなっています。
ただしこの計算方法は、定額法などがありますが、かなり計算は難しい場合も多く、簿記の知識を必要とする場合もあります。
建物や付属品は土地と違い、劣化していずれ壊れたり朽ちたりするという運命にあります。その為どんどん価値が減っていくので、減価償却という制度が設けられているのです。

リノベーション工事ならロープライスで希望が実現する可能性

家族構成が変わると、家庭のライフスタイルも変わりやすいです。一緒に暮らす家族の人数が増えたり、反対に子どもが一人暮らしを始めたりすると、マイホームに求めるニーズも変わるものです。
子ども部屋が不要になったり、新しい個室が必要になる等、ライフスタイルに変化が訪れた時はリノベーション工事を前向きに考えてみましょう。リノベーション工事なら今の住まいを離れることなく、元々の部屋や間取りを活かして今現在のライフスタイルに合った環境に作り替えられます。
特に近年では一般家庭でも気軽に相談できるリノベーション工事のサービスがあり、非常にロープライスな費用で希望が叶えられる可能性があります。
不要になった部屋をリモートワーク用の空間に作り替えたり、一つの大きな部屋に壁を取り付けて二部屋にする等、プロにリノベーション工事をお任せすれば、今ある空間を活かしつつ新しい環境が手軽に構築できます。
プロが担当する工事なら品質、費用対効果の面に安心感が持てます。

リノベーションで限られた空間も有効活用して部屋も広く見せられる

部屋が狭くてもリノベーションをすることで限られた空間も広く見せることも可能で、同じ広さでも素材の選び方や貼り方、色の使い方で見え方も違ってきます。
例えば天井ですが、重要な梁は変更出来ませんがデザインにあえて取り入れることもできて、天井を掘り下げると抜け感が出来て広く見えます。
無垢材を使い梁の存在なども感じず店のようなおしゃれな仕上がりになり、掘り下げた内側へエアコンを組み込んでそれも取り込むことで生活感も排除したデザインになります。リノベーションで天井の高さは変わらなくても手前に梁などの化粧をすると、そちらへ視線が行ってその先の天井も高く見える効果もあります。
ここでも無垢材を使ってダークに仕上げてトーンも揃えて、少し色味に変化をつけると違和感なく馴染、明かりなども工夫すれば奥行きをもっと出せます。
広さを出すには周りの色と比べて遠くにあるように見える後退色を壁の一面へ配置すると奥行きが出て、板の板の張り方の向きが奥に向かっていると相乗効果も出てさらに奥行を感じられます。

暮らしにくい住宅はリノベーションで快適に

中古住宅によっては住む人の暮らしやすさに適していない間取りや、設備で構成されていることも多く、暮らしにくい環境から快適な環境へ改善するためにも「リノベーション」を行うことがおすすめです。
リノベーションは革新や刷新という意味があり、住む人の暮らしやすさに合わせ既存の建物を作り変えることが可能です。
リノベーションが行える範囲には、設備機器の交換をはじめとして水回りの位置や間取りの変更など工事規模が大きいことが特徴です。
またプランニングの段階から使用する素材が選択可能なので、採光や断熱、省エネや耐震設計など住宅の機能性をアップさせる工事も行えます。リフォームの場合老朽化した建物を新築同様に修繕することを意味しますが、リノベーションの場合は新しい機能の搭載や、デザイン性を高めることでゼロの状態からプラスαを加えられる特徴を持ちます。
そのため自宅に強いこだわりを持っており、以前の面影を残さずに住みやすい環境を1から作り上げたいという方に向いています。

アメリカンな感じのリノベーションがいま人気

DIYという言葉も流行していることも有りますが、それと同様でリノベーションというところも注目されているワードと言えるでしょう。
古民家などをリノベーションしてレトロモダンな感じに仕上げるというのも有りですが、築年数のいっている団地などでアメリカンな雰囲気に仕上げるというのもありです。
北欧ブームというのも有りますが、カントリー調であったり、ブルックリンにしたり、様々な雰囲気がありますのでインテリアを統一するという意味でも自分の好きなテーマを設定してそこに合わせていくというのは良いでしょう。
統一感があるかどうかというのもポイントになりますので、まずはテーマを決める事から始めます。リノベーションではおしゃれな雰囲気に仕上がると話題のアメリカンも人気ですし、チャレンジしてみる価値が有ります。
壁をぶち抜いて間取ごと変えてしまうということも出来ますが、設計的な所での安全性は必要となりますので相談からスタートです。

リノベーションなら和風の家も北欧風に変化できる

古い家は建て替えるという選択もありますが、建て替えになると多くの費用も発生しますし、工事期間も長くなります。それに、愛着のある家は壊さずに維持したいと考える人も多いものです。
大規模な修繕をするなら、リフォームよりもリノベーションをすることも考えてみましょう。リノベーションは家全体を大掛かりな工事をし新しく生まれ変わらせていくことができます。
それゆえ、もとは和風の家であっても、北欧風のおしゃれな家に仕上げることも可能です。間取りなども変更可能なので、見た目がおしゃれになるだけではなく動線が改善する効果なども期待できます。
完成するまでは実物を見ることはできませんので、希望はしっかりと伝えておくことが大事です。業者ごとに技術力やセンスの良さは違いますので、北欧風などの現代のトレンドに対応できる業者を選びましょう。
理想の仕上がりにするには、希望をきちんと伝えることも大事です。理想の内装などの写真があればそれを見せて説明するのも良いでしょう。

リノベーションで土間のスペースを活用する施工方法

古い住宅の中には、土間のスペースが設置されていることも多く、昭和の初期までに作られた住宅では決して珍しいことではありません。
古い住宅でもリノベーションをして新しい住宅へと仕上げることを希望する方は、この土間のスペースは有効活用することは十分に可能です。
最初は土のままになりますが鉄筋コンクリートでスペース内の床面を作り上げ、その上に防湿シートを張ったり断熱材を入れる方法で普通の居室へとリノベーションすることは意外と簡単です。
床材はフローリングにすることもでき、壁材は断熱材を十分に使った上で内壁を作り出す方法、窓ガラスの位置を自由に決める方法でも対応可能です。
問題になることは古い時代の住宅は耐震性が弱い傾向にあるので、この部分もリノベーションの際には住宅全体に対して耐震強化を施工会社に依頼をする方法でクリアできます。
通常は屋内の他の室内よりも低い位置にあるものなので、高さを嵩上げする方法であれば快適性も感じられるのではないでしょうか。

古民家をリノベーションした住宅には魅力が多いです

理想の家として古民家を挙げる人がいます。新築住宅にはない落ち着きがあり、心の底から安らげる点に魅力があるといいます。
そのメリットはまず、大きな古民家であっても安く買えることです。その多くは郊外から田舎にあり、土地も高くないため十分な資金がなくとも手が届く可能性があります。
さらに古い木工品や味のある柱と梁など新築物件にはありえない、素晴らしいディテールを持ったものがあります。リノベーションでもそのユニークさを残しながら自分好みのものに磨き上げ、自分だけのものにすることができます。
自分でリノベーションをするならば、大幅に費用を節約できますし、少しずつ我が家を完成させていく楽しみが味わえます。
もし自分でリノベーションをする自信がないならば、古い民家をリノベーションするプロに依頼する方法もあります。
古い家を専門とする建築家がおり、このタイプ共通の悩みを解決して素晴らしい家を作り上げる手助けをしてくれます。

リノベーションに関する情報サイト
リノベPRO

このサイトでは、災害が発生しても困らないように耐震対策のために行うリノベーションについて解説しており、対応できる対策に関しても具体的に述べています。地震の発生頻度が高い国だからこそ、日ごろの備えが重要です。他にも断熱効果を高める方法があり、使用される断熱グッズも解説していますので、これから家の修復を行うことを考えている時にはこれらの情報にしっかりと目を通して、取り入れられるものはないかをチェックしましょう。

Search