CHECK

リノベーションだからしっかり断熱!リノベーションで使う断熱グッズ

リノベーションだからしっかり断熱!リノベーションで使う断熱グッズ

リノベーションで冬物快適に過ごす方法はたくさんあります。全く暖房を使用せず暖かく部屋で過ごすことは不可能ですが、暖房の効果をアップさせる、電気や灯油などの購入費用を抑えることができます。窓は外気が入りやすい場所で、ここから侵入してくる冷たい空気は、室内の温度をマイナスにします。対策は窓に貼るシールドで、窓とシールドの間に空気の層を作ることで、部屋を暖かくすることができます。他にも窓にはサッシなどの周囲の設備も大切で、隙間を埋めるテープなどを貼ると高気密な住居を作ることが可能です。他にも壁の施工も大事で、古い家は隙間が多く壁にも窓枠や天井や床との境目に隙間ができます。断熱グッズでリノベーションするには壁を二重にするなどの大掛かりな工事が必要になり、そこまで予算が回らない時にはとりあえず隙間だけを埋めても効果があります。他にも床は直接触れる場所だけに床暖房などを施工し、天井も暖かい空気を拡散するファンなどを設置するすると交換器があります。

リノベーションをする際には断熱性能も充実させると光熱費削減を行えます

リノベーションを行って、自宅を改装する際には断熱性にも注目をすることで光熱費削減を成功させることはできます。元々が寒冷地の場合は既に十分な機能性を保っていることが多いのですが、他の都府県では特に古い時代に建てられた住宅であれば、複数の断熱を実行することができます。その内容は壁の内部と天井裏に対して十分なグラスウールを入れる方法や、床下にはウレタンフォームを入れる方法、窓ガラスを複層ガラスに交換をする方法などがメインになります。外壁が薄いと感じた際には、既存の外壁をそのままにして重ね張り工法でサイディングを張る方法でも熱の移動を大きく減少させることが可能になります。リノベーションでは屋内側をメインとした施工範囲が多い傾向にありますが、同時にエコな環境を作り出すには室内の熱を外に出さないこと、外の高温な空気を室内側に入れないことを前提をしていれば、エアコンやストーブで消費するエネルギーを大幅にカットできるので、リノベーションのタイミングで同時に施工依頼をすることは推奨できます。

リノベーションに関する情報サイト
リノベPRO

このサイトでは、災害が発生しても困らないように耐震対策のために行うリノベーションについて解説しており、対応できる対策に関しても具体的に述べています。地震の発生頻度が高い国だからこそ、日ごろの備えが重要です。他にも断熱効果を高める方法があり、使用される断熱グッズも解説していますので、これから家の修復を行うことを考えている時にはこれらの情報にしっかりと目を通して、取り入れられるものはないかをチェックしましょう。

Search