CHECK

リノベーションで対応できる耐震対策

リノベーションで対応できる耐震対策

自宅のリノベーションをすることを検討している場合、単に間取り変更や水回りの設備の交換、総2階への変更、2世帯住宅への変更等だけではなく、同時に耐震対策を依頼することも大切です。以前はあった屋内側の壁の間仕切りを取り外したり、総2階にするリノベーションでも以前よりも耐震性が低くなってしまうことや、2階部分の重量が増すことで地震対策をきちんと行わないと危険が生じてしまいます。この場合は壁内部に金属製の頑丈な筋交いを設置し、1階だけで半句2階部分にも設置をする方法、床下や天井裏で柱と梁が接続されている箇所に対して、強化するための金属金具を固定する方法もあります。この範囲でも不安を感じてしまうような方であれば、住宅の裏側を利用して高層マンションで採用される鉄筋を用いて外壁の上に固定をする方法も効果的です。揺れを完全にシャットアウトする方法だけではなく、揺れを吸収する素材などもあるので、適材適所で各資材を使い分けることで地震被害を解消する完璧な仕上がりにできます。

最新の耐震技術をリノベーションに入れる場合

将来リノベーションをしたい場合には、建物の中だけでなく地震の揺れに関しても考えておいた方が良いかもしれません。耐震性は常に最新のものを導入しておきたいところです。昔のものよりも最新のものの方が、耐震性能ははるかに高くより安全といえます。 とは言え、リノベーションをする場合には躯体をいじるわけではありません。これをすることができないと言う事は、柱等を付け加える以外に方法はないといえます。それ以外に考えられるのは、柱と柱のつなぎ目を強化することです。横揺れの場合だけでなく縦揺れの場合も、柱がすっぽ抜けてしまい建物が崩れる原因になり得るからです。どれぐらいのお金がかかるかは、どの程度の加工するかによっても異なります。安いものだと500,000円未満でできることがありますが、本当にしっかりとした対策を行うには2,000,000円位かかることも少なくありません。そのためリノベーションをする際どこら辺まで行うか、真剣に考えておいた方が良いです。

リノベーションに関する情報サイト
リノベPRO

このサイトでは、災害が発生しても困らないように耐震対策のために行うリノベーションについて解説しており、対応できる対策に関しても具体的に述べています。地震の発生頻度が高い国だからこそ、日ごろの備えが重要です。他にも断熱効果を高める方法があり、使用される断熱グッズも解説していますので、これから家の修復を行うことを考えている時にはこれらの情報にしっかりと目を通して、取り入れられるものはないかをチェックしましょう

Search